ハープの伴奏で弾いてみました⑧(ヴァイオリン)

query_builder 2022/12/02
ブログ
サムネイル用

久しぶりにヴァイオリン教本から。

ハープの伴奏でメヌエット2番を弾きました。



まず曲のざっくりとした全体像は、

A 2段

A’ 2段(Aの後半部分が変化したもの)

B 4段

A’ 2段


のような構成です。

ちなみにBを、BとCで2段ずつ分けても良いかもしれません。

このあたりから、教本に出てくる曲が少し長めになってきます。

なんとなく最初から最後まで通して弾いても効率が悪く、曲が長いため練習時間がかかるわりには上達しなくなってきます(難易度も上がってきますし)。


まずは大雑把に曲をセクション分けして、どことどこが同じ/似ているのか、どこが違うメロディーなのかを把握して練習を進める必要があります。


A及びA’の最初は移弦が上手くいかない人が多いので、頭の中で移弦をクリアにするために開放弦(左手無し)で移弦だけを練習するのも良いと思います。

また2小節目は弦を1本飛び越して移弦するため、1拍目の音の弓を少し速めに、たくさん使います。


B(またはB+C)の部分は、初めてこの曲でP(ピアノ)が出てくるので、雰囲気をガラッと変えたいところです。Aで少しオープンだったエネルギーを、少し内向きにするイメージでしょうか。

その分最後にもう一度A’が戻ってきたときに、f(フォルテ)でしっかり曲の冒頭部分と同じオープンなキャラクターになれば、しっかりとコントラストがついて、曲の流れが聴いている人にも伝わりやすくなると思います。



NEW

  • ハープの伴奏で弾いてみました➈(ヴァイオリン)

    query_builder 2023/01/26
  • リハーサルでした♪(ハープ)

    query_builder 2023/01/23
  • ヴァイオリン・ピアノのデュオコンサートでした

    query_builder 2023/01/21
  • ファミリー・コンサートでした(ヴァイオリン&ハープ)

    query_builder 2023/01/09
  • 今年もよろしくお願いします(ヴァイオリン&ハープ)

    query_builder 2023/01/04

CATEGORY

ARCHIVE